FC2ブログ

まこネット Maconettes

本堂誠の生活を綴るブログ。

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ピアノと4本のサクソフォンの演奏会【終了しました】

コチラのブログではちゃんとしたお知らせができておりませんでしたが、当日はおかげさまを持ちまして、ほぼ満席に近いお客様にお越しいただきました。

1piano4saxo.jpg

お越しいただいた皆さま、ありがとうございました!




6年前の10月末、私がパリ音楽院への留学生活をスタートするためフランスへ飛び立った時と同じタイミングで、《ピアノと3本のサックスによる演奏会》は開催されたのでした。

ピアノは伊藤富美恵さん、サックスは原博巳先生、大石将紀さん、貝沼拓実さん、というなんと豪華で素敵なメンバー!

その頃の私は、パリ音楽院には補欠合格ということもあり、9月に学校がスタートしているところへ遅れて途中合流したため、とにかく学生ビザを取得できたらさっさとフランスへ行かねば!という思いでいっぱいだったのですが、学校の事情などは露知らず、いざパリへ到着してみたら、学校はちょうどバカンス中だったのでした。

こんなことなら出国を1日遅らせて、コンサートを聞いてくれば良かった と後悔したのを良く覚えています。


しかし3年後に、原先生が中心となって発売されたCD、《petit cadeau - ささやかな贈り物》でようやくその演奏を聞くことができ、フランスにいながらこの素晴らしい方たちの音を堪能していたのでした。




そしてさらに3年後の今回、こうして尊敬と憧れを抱いてきた方々と共演させていただけたというのは、本当に嬉しい限りです。

こんな機会を逃すまいと、実は編曲者の権限で、ちゃっかり大石さんや貝沼さんともオクターブのユニゾンにさせてもらったり、編曲作品の最後にわざわざ原先生にご登場いただき、こっそり原先生を私の隣に配置し、メロディーのハーモニーをデュオで分け合うように書いたのはココだけの秘密です
もちろん、それは編曲上必要なこと、という1番目の理由もちゃんとあるのですが(笑)
一緒に同じフレーズのものを吹くと、その人がどのように言葉を喋っているのかを直に感じられるので、本当に勉強になるんです。こっそりこの場を借りて、感謝申し上げます



それから、演奏以外のところで、企画をほとんどお一人で取りまとめされた原先生には本当に感謝しかありません。
そしてもちろん演奏でも、ソロ作品は全て暗譜で、しかもフラジオにも果敢に挑戦し、常にチャレンジをし続け進化をやめない姿勢を見て、このような奏者を目指したい、と改めて強く思いました。

本当にありがとうございました。そして、自分自身もますます頑張っていきたいと思います!!

ピアノと4本
スポンサーサイト

| 未分類 | 12:37 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ハバネラ&ブルーオーロラ サクソフォン・カルテット ジャパン・ツアー2018【終了しました】

約2週間半に渡る、怒濤のハバネラ×BASQツアーが終わりました!

habanera basq1


いずれの公演もたくさんのお客様にお越しいただき、また今回のツアーを支えてくださった関係者の皆さまにも心から感謝しております。
本当にありがとうございました!!!


ハバネラ・カルテットとご一緒させていただくのは今回で2回目ですが、これだけ長期間一緒にいると、音楽以外の場でも、本当に一人一人がとても魅力的な方たちだな、と感じることがたくさんありました。

もう40歳も後半に突入しているにもかかわらず、まるで少年のようなお茶目な一面をそれぞれが持っていて、成熟した音楽家としてだけでなく、音楽へ向けられた純粋な気持ちがあるからこそ、素晴らしい上に生き生きとした音楽が奏でられるのだと感じました。


ソプラノのクリスチャンは電化製品が大好きで、今回のツアー中にAppleの新製品発表があったもんだから大興奮でした。今使っている製品からiPadに乗り換えたいんだけど、とても細かく整理した楽譜ファイルを、果たしてそのまま移すことはできるのか、について2人で2時間ほど語り合ったのは良い思い出です。

アルトのシルヴァンは真面目、という印象ですが、真顔で冗談をちょくちょく挟んでくるので、嘘かホントか分からなくなる時があります。しかしやっぱり真面目な彼は今回の京都観光では誰よりも熱心に計画を練っているのでした。

テナーのファブリチオはさすがイタリア(シチリア)人だけあって、とっても明るくて常にジョークが冴え渡っています。しかし誰よりも周りを見渡せている気遣いの達人で、今回のオクテット内でもムードメーカー的存在でした。

バリトンのジルはパリ音楽院でも教育者を育てる課程で先生をしているのですが、真面目なモードかと思いきや、一転して「ジェームズ・ボンドの真似!」とかやったりします。
そんなステキなジルとバリトンツーショット。
habanera basq2

それぞれステキなところが盛りだくさんですが、それを全部挙げようとしたらキリがないのでこの辺で。
habanera basq3


次に会える時がとっても楽しみです!

| 未分類 | 22:33 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

【お知らせ】ハバネラ&ブルーオーロラ サクソフォン・カルテット ジャパン・ツアー2018

いよいよ今月と迫ってまいりました!

habanera basq 2018 01

ハバネラ サクソフォン・カルテットは2年ぶりの来日ということで、今からワクワクドキドキです

その数、何と6公演!!!
全国各地に素晴らしい音楽をお届けすること間違いなしです!

そして、後半4公演ではブルーオーロラ サクソフォン・カルテットも加わり、熱い音楽をお届けしていきますよー


以下、公演予定のまとめです。

【静岡公演】※ハバネラ with 平野公崇
10月20日(土) 14:00 開演
焼津文化会館 大ホール

[お問合わせ]
焼津文化会館 054-627-3111
またはコチラから!

【東京公演】※ハバネラ with 平野公崇
10月24日(水) 15:00、19:30 開演 (2回公演)
Hakuju Hall

[お問合せ先]
Hakuju Hall チケットセンター 03-5478-8700
またはコチラから!

【神奈川公演】※ハバネラ × BASQ (私も出演します!)
10月27日(土) 18:00 開演
フィリアホール

[お問合わせ先]
フィリアホールチケットセンター 045-982-9999
またはコチラから!

【愛知公演】※ハバネラ × BASQ (出演します!)
10月30日(火) 18:45 開演
宗次ホール

[お問合せ先]
宗次ホールチケットセンター 052-265-1718

【京都公演】※ハバネラ × BASQ (出演します!)
10月31日(水) 19:00 開演
京都コンサートホール 小ホール

[お問合せ先]
京都コンサートホール 075-711-3231

【宮崎公演】 ※ハバネラ × BASQ (出演します!)
11月3日(土) 14:00 開演
メディキット県民文化センター
アイザックスターンホール

[お問合せ先]
チケット専用ダイヤル 0985-28-7766

| 未分類 | 23:36 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

【CD発売のお知らせ】BARITONISM - ロシア・チェロ作品集 - Russian Cello Works -

ついに完成、そして情報が解禁になりました!!

Baritonism CD
https://tower.jp/article/feature_item/2018/08/31/1108

6月に企画したデビュー・リサイタル、【BARITONISM】のプロジェクトはまだ終わっていませんでした。
この時に取り上げたラフマニノフとショスタコーヴィチ、2つのチェロ・ソナタに加えて、アンコールで演奏したグラズノフのスペイン風セレナーデ、同じ作品番号からアラブのメロディーを収録しています。


是非ともお聴きいただきたい、という気持ちがあるのはもちろんなのですが(笑)、ブックレットにも私の熱い気持ちを綴らせていただきましたので、ぜひ読んでもいただきたい、というのが正直なところです。



そんなCD発売イベントとして、今月30日にサンデー・ブランチ・クラシックに出演させていただきます!
全曲の演奏は時間的に難しいので数曲だけ、それから12月のリサイタル【BARITONISM 2】から先取りの曲も演奏させていただきます。
ご興味がありましたらぜひこちらもチェックしてみてくださいね!

Suday Brunch Classic
http://eplus.jp/sys/web/s/sbc/0930makoto_hondo.html

| 未分類 | 20:30 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

サクソフォン×エレクトロニクス(東京、大阪公演)【終了しました】

こちらのブログでの宣伝はちゃんとできていませんでしたが、おかげさまで東京、大阪、どちらの公演もほぼ満席となるお客様にお越しいただきまして、本当にありがとうございました!
monten electro

東京でも聞けば良かったと後悔したのですが、大阪公演の時にお客様へ「エレクトロ作品を聞いたことがあるかどうか」という質問をしました。
そしたら意外にもほとんどのお客様が知っていることが判明!

当初、今回のコンサートはエレクトロ音楽の認知を高めるために、という目的があったのですが、それは既に達成していたのかも、と認識を改めることとなりました。

それにしても、どういった仕組みでその音楽ができているのか、「レクチャーのおかげで分かりました」というお声もいただけて、今回のコンサートの意義があったことも実感できました。

相変わらず反省点はまだまだありますが、また継続して企画していけたら嬉しいと思っています!

リハーサルの写真をいくつか。

※作曲家、坂田直樹さんと佐原洸くん、そして溢れ返るコードの山。
saxo-electro2.jpg

※両国門天ホールでのリハーサル。
saxo-electro1.jpg

※大阪、ヤマハミュージックなんば店でのリハーサル。
saxo-electro3.jpg

| 未分類 | 20:35 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。