まこネット Maconettes

本堂誠の生活を綴るブログ。

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

三姉妹 Trois Soeurs Japonaises

鍋パーティーです!!キムチ鍋。
RIMG0172.jpg


現在CNSMのサックスクラスには自分も含めて4人の日本人がいます。
RIMG0173.jpg
(写真左上:安井Souillart寛絵さん
    右上:外山舞さん
    下:井上ハルカさん)


まずは外山舞ちゃん。
彼女は自分と同じ時に受験、入学ということで、同期生ですが、フランス歴は彼女のほうが2年ほど長いです。
一緒の学年の、しかも同じクラスに日本人がいるというのは本当に心強くて、ドゥラングル先生の授業だけでなく他の音楽史やアナリーゼなどでも一緒なのでいつも助けられています。
自分のイメージの中にある、"これぞ関西人"というのにピッタリ合うような人で、一緒にいるととても愉快です(ボケとツッコミの血?)。
いつもありがとう!!

続いて井上ハルカさん。
ハルカさんと初めて会ったのは3年前のギャップ講習会の時なのですが、その頃からすでにフランス語でお世話になっていました。
今年の6月にCNSMのLicence(学部の課程)を2年で終えてそのまま進級し、現在はMaster(修士課程)の1年に在籍中です。フランスはもう6年目(!!)だそうです。
学校生活でも私生活でも、感謝しきれないほどお世話になってます。さらに先日の誕生日にはダマンフレールの白茶なるものをいただいてしまいました。
本当にありがとうございます!!

最後に安井 Souillart 寛絵さん。
芸大での先輩にも当たります。現在はDoctrat(博士課程)に在籍中で、この課程の人たちは月曜日にあるクラスジェネラルやラージアンサンブルにはおそらく自由参加で、LicenceとMasterの12人とは違ってより独立した活動をしていたり地方音楽院の先生をやっていたりします。
自分が大学に入学した頃にはすでにフランスへ留学されていたのであまり面識もありませんでしたが、これまた3年前のギャップでほぼ初対面にも関わらずとてもお世話になりました。
もちろん現在もフランス生活において最大にお世話になっている人です。先日のマントヴァーニさんの件も寛絵さんに何かと仲介していただいたり助け舟を出していただいたりでした。。
本当にありがとうございます!!!

仕事を終えて帰ってきた寛絵さんの夫、アレックス(Alexandre Souillart)もやってきました。
RIMG0174.jpg

というわけで、3人のお姉さま方にお世話になってばかりののCNSM生活です..
これからもよろしくお願いします
スポンサーサイト

| クラスメート | 16:38 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ニキータ・ジミン Nikita Zimin

サックス奏者ならこの名前を知っている人も多いはずです。
RIMG0152.jpg


今日は朝からラージアンサンブルの合わせがあったので、ご飯を食べてから午後は個人練習です。

第5回アドルフサックス国際コンクールで2位を取った、ロシア出身の彼。
まだちゃんとした演奏を聴いたわけではありませんが、スケールの大きな音(ありがちな表現ですみません)から、しなやかで繊細な音まで出せるのはもちろんのこと、やっぱり相当な実力の持ち主であると思っています。
そんな彼は大道芸人もビックリの人を楽しませるネタをいくつも持っていて、ピアノも弾くし、ムーンウォークをするし、、まだ色々隠し持っていそうです。。

何より驚きなのは一児の父親であること(!!!)
パパとは思えない少年のような遊び心を持った彼ですが、現在自分と共に語学試験次第で…の状態です。。
フランス人に彼の喋るフランス語をよく真似されてからかわれています(笑)

お互い無事在籍できることを祈っています!

※12/21追記※
ニキータはB2の資格を取りました!素晴らしい!!!

| クラスメート | 16:09 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ジョシュア=マルコム・ハイド Joshua Malcolm HYDE

本日紹介させていただくのは、ジョシュことジョシュア=マルコム・ハイドさんです!
RIMG0114 1

彼と初めて会ったのは2年前、ベルギーのディナンでコンクールを受けたときです。セミファイナルの順番で彼が自分のすぐ後だったんです。控え室からステージへ向かうとき、すれ違いざまに"がんばって!"的な声をかけてくれた気がします。
それ以来、彼とはすれ違う度に、"Hey,Mister Hondo!オハヨウゴザイマス!ゲンキデスカ?!"と声をかけてくれます(笑)
昨年のタイで行われたロンデックスコンクールでは見事優勝しています
本当に多才で、耳が良くて、頭もとても良いのだと思います。
まず英語があって、フランス語はもちろん、このように日本語も話してくれます。他の言語も知っているかもしれません。噂ではイベールのコンチェルティーノのピアノ伴奏を弾けるとか。。

とても活力に満ち溢れていながら、とても柔らかい物腰と柔和な笑顔が印象的。プーさんみたいです(笑)
今日のサウンドペインティングの授業でも彼がリーダー役(指揮者のようなもの)となって指示出しをしていたのですが、"全員で"の指示をするとき頭の上で○をするのが、なんと言うか見ていてすごく和むんです

12月のサックスクラスのコンサートでは彼がハチャトゥリアンのヴァイオリンコンチェルトのソリストを担当します!一緒に演奏できることが嬉しいし、自分自身彼の演奏がすごく楽しみです!!


…人の紹介って難しいです。彼の良さ、伝わってますか…?

| クラスメート | 23:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。