まこネット Maconettes

本堂誠の生活を綴るブログ。

2012年12月 | ARCHIVE-SELECT | 2013年02月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

引越し Démenagement

3ヶ月、お世話になりました。
2013-01-31 131358


今まではホームステイ・スタジオという形態で一部屋間借りをしていましたが、今度は正真正銘の独り暮らしです。
場所も今まではバスティーユ(Bastille)というパリの12区に住んでいましたが、今度はニュイリー(Neuilly sur Seine)というパリ北西の郊外です。
ちなみにCNSMは19区(パリ北東)にあるので、以前よりも通学に時間がかかることになりますが、家賃の安さも見過ごせないポイントです。

何よりも嬉しいのは好きな時間に料理ができること

そしてたまねぎ解禁!!!


曲のレパートリーだけじゃなく、料理レパートリーも増やしていきたいですね
スポンサーサイト

| 未分類 | 23:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

アンジェリーナ ANGELINA

たまには素敵なお店で贅沢な時間を…
2013-01-23 165942
(写真は奥がモンブラン、手前はミルフィーユ)

パリと言ったらやはりスイーツ!!
こちらに来てから三ヶ月目になりますが、今回が記念すべき初のスイーツ巡りとなりました!

ここパリ1区にあるアンジェリーナのイチオシは、なんと言ってもモンブラン"Mont-Blanc"!!
スイーツメニューの1番上にはもちろんモンブラン、紅茶にもモンブランの名を冠したものがあるなど、もはやお店の名前がモンブランでも良いのではないかと言う程前面に押し出しています。

日本でこの本を買ってきたのですが、
2013-02-08 233420
重要なのは"指差し"ではなく、"広く浅くお店の名前を知る"こと。
薄い本なので深くは書かれていないのですが、偏見を持って食べに行くのは嫌なので、これから色んなお店に行きたいと思っている自分にとってはちょうど良い本です。


色々と歩き回った後だったので、甘さが体中に染み渡る至福のひと時でした

| スイーツ Des Gateaux | 23:24 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

半田付け Soudage

ついにやりました…!!!

自分の手でパソコンを修理しました。
パリまで来て一体何をやっているんだとも思われそうですが、このブログの更新も然り、フランス語の勉強でも必須となっているので、途中で"プツッ"と切れられた日には堪ったもんじゃありません。
そういうわけで修理しようと思い立ったのですが、まさか中学生時代に学んだ技術がここにきて活かされるとは…

電源部位の接触が悪くなっていた原因を調べた結果、ハンダが焦げたか溶けたかでなくなってしまっていました。


日曜大工品なら何でも揃うBHVへ。
そして半田と鏝(こて)を買ってきました。合わせて30ユーロ弱。


日本で修理に出すと1万円以上かかるらしいので、それに比べれば安いもんです


ちゃんと復帰できるか自信がなかったため、途中経過も撮影しておけば良かったと後悔しているのですが、ひとまず無事手術を終えることができてほっとしています。


あれ…?
RIMG0207.jpg
ネジがあまってる…


まあ問題なく動いてるので心配ないでしょう!

| 未分類 | 23:37 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ポリーニ・ペルスペクティヴ Pollini Perspectives

以前は満席になってしまったために入れなかったサル・プレイエル(Salle Pleyel)ですが、今回は無事にチケットを手に入れることができました。
ということで、初サル・プレイエルです!

チケットの予約方法は、基本的には事前予約です。が、チケットが完売しなかった場合、当日の1時間半ほど前から並んで当日券を買うこともできます。
このチケットは28歳以下、または60歳以上だと大幅な値引き価格。
座席はカテゴリー1~5(Categorie1~5、日本で言うS席~D席)と区分けされていて、演奏団体、演奏者席によって値段が変わるのはもちろん、席によっても変わってきます。
今回の場合、カテゴリー1の席は85ユーロだったのですが、それを20ユーロで買うことができました。私のような学生にはとても有難いことです。


本題はこちら!
RIMG0210.jpg


自分も普段からCDでお世話になっていたところに、このマウリツィオ・ポリーニ氏ご本人のコンサートです。ものすごく興奮しました!
先日紹介した対談の本でも、小澤征爾さんは彼のことを"あんなにロマンチックな男はいない"と言っていました。それが約30年前の話です。
現在ポリーニ氏は71歳(!!)、表現が適切ではないかもしれませんが、もうおじいさんと言っても良いのではないでしょうか。

近頃つくづく、音楽(あるいは人間性)に深みを与える最も単純な方法、それは年齢を重ねることではないか、と思っています。
それだけではないことはもちろんですが、つまり何を言いたいのかというと、この年齢で演奏を続けていられるというのは本当に凄いことだということです。

もうひとつ、音楽の良さにたくさん気付けるようになる最も単純な方法、それも年齢を重ねることではないかと思います。(ただし固定観念というガラスが本当の良さを気付かせないようにしてしまう場合もありますが)
世の中にこれだけ物が溢れている時代で全てのことを知ろうとするのは難しいと思いますが、もし良いものに出会えたならそれを存分に味わい、大切にしたいものです。
今回はポリーニという人を事前に知っていたからこそどうしても聴いてみたいと思ったのですが、一番悔しいのは、ある演奏を例えばCDで聴いたとき、その演奏家が既に亡くなられているときです。生演奏に立ち会える喜びに勝るものはないでしょう。

こうして余韻に浸りながら雪の中を凱旋門に向かって歩く帰り道でした。
2013-01-18 220914

| 未分類 | 23:06 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

定期演奏会 Orchestre du Conservatoire de Paris

学校のすぐ近くに"Cité de la musique"という一つのホールがあります。
今日はそこでCNSMの学生オーケストラによる演奏会、いわゆる定期演奏会を聴いてきました。
RIMG0206.jpg

こちらに来てから大きなホールで聴くオーケストラの演奏は今回が初めてでしたが、これが初めてで本当に良かった思える素晴らしい演奏でした!
そして改めてここの学生の技量の豊富さを感じました。特に金管楽器の華やかさとダブルリードの音色は生演奏ではかつて聴いたことのないものでした。

日本で聴くときと何が違うのだろうかと考えてみたのですが、技量に関してはそれほどの差があるとは思えないのです。
ホールの構造の問題か、温度や湿気の問題か、はたまた客席側の聴く姿勢の問題か。それとも自分の思い込みか。

これから色んなオーケストラを色んな場所で聴くのが楽しみです。

| 未分類 | 23:11 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

小澤征爾×武満徹 『音楽』

フランスにいるにもかかわらず、日本の書物を読んでいます。
RIMG0204.jpg

先日同級生の外山さんにフランス語関連の本を借りたときに一緒にお借りしたものです。
自分と何も関わりがないわけではなく、このお二方はどちらも日本を出たところから物事を見ているという点で、非常に興味深い内容でした。

日本の外の視点から見る世界の音楽、日本の音楽。また日本の音楽教育のあり方や指導する立場としての意見など、この対談は30年ほど前に行われたそうですが、ここで提起された問題は未だに解決されていないと思います。

借りたものではありますが、手元に置いておきたい一冊です(笑)

| 未分類 | 23:59 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ヴァンドレン Vandoren

"最近食べ物関連の記事しかないよね"
とご指摘をいただきましたので、少し音楽関連のことも載せていきたいと思います

昨年末のことですが、ヴァンドレン本社へ行ってきました。
目的は《リード》ですが、買うために行った訳ではありません。
2012-12-20 095925

なんとCNSMの学生は3ヶ月に1度、4箱分のリードを支給されるのです!!!
その他、在学中に1つマウスピース、セルマー本社でもマウスピースがもらえるようです。

ちなみにこちらでの値段は日本よりも若干高めです。そう思っていくつか買い込んできたのですが。。
どうやらしばらくリードで困ることはなさそうです

しかし箱ではもらえなかったので、保管の仕方に困りますが…
2012-12-20 103906

贅沢な悩みです。

大事に使わせていただきます

| 未分類 | 23:48 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

明けましておめでとうございます。 Bonne Année!

2013年!!!
新たな年を迎えました。


より一層充実した日々を送っていこうと決意を新たにするこの頃ですが、先週の風邪を未だに引きずっております…
さっさと全快したいですね

こちらに来てからすでに何度か風邪になっているのですが、どうも全て喉から来ているようです。。
風邪になりやすい時期、みなさまもお気を付けください


そんなわけで最近は気が向いたときに紅茶うがいを実践しています。
ただし今持っている紅茶でうがいするのはもったいないと思ったので、安物を買ってきました。


もちろん手間要らずなので普通にも飲んでいますが、紅茶好きとしてはやっておかねばならないレシピがあったので試してみました。

【豚肉紅茶煮】
RIMG0200.jpg


紅茶で煮ることにどんな意味があるのかというと、
自分が持っているレシピ本には、


"…色をつけるために…"


しか書いてありませんでした!!
それだけですか?!笑

そんなことないと思い、ネットで調べてみました。

そしたら、"肉の臭みをなくす効果、余分な脂を取る効果"などがあるようです。

特に紅茶の味が付いたり、なんてことはありません。
今まで自分が作ってきたものと同様、煮るだけでとっても簡単なので助かってます。

これからもレパートリー増やしていきます


今年もよろしくお願いいたします!

| 未分類 | 23:11 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |