まこネット Maconettes

本堂誠の生活を綴るブログ。

2013年01月 | ARCHIVE-SELECT | 2013年03月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ギィ・ラクール氏 Rencontre avec Guy Lacour

本日のクラスジェネラルは、

・現在第三課程博士に在籍しているクレモン・アンベール(Clément Himbert)氏によるプレゼンテーション+素敵なCDのプレゼント
・ギィ・ラクール(Guy Lacour)氏をお迎えして+素敵な冊子のプレゼント

の豪華二本立てです。

まずクレモンさんについてですが、実は彼とは日本の芸大の企画で一度お会いしているんです!
『管打楽器シリーズ~海外との交流 ベルリン⇔東京⇔パリ2』と題された企画で、CNSMと芸大の学生アンサンブルがそれぞれ演奏したのですが(ちなみに1はヴェンツェル・フックスと芸大の教員たち)、そのときCNSMから来ていたグループのひとつがクレモンさんを含む、トリオ・フチュルム(Trio Futurum)でした。
ちょうど有村さんが留学をされていた頃の同期辺りだそうで、とても仲が良いらしいのです。

今回のクラスジェネラルではトリオ・フチュルムによるCDに関連しての内容が主だったように思いますが、先日のコンサートではドビュッシーのラプソディが作曲された経緯の説明、演奏、また自身による編曲の録音など、博士としての活動もされているようです。


そして2つ目はラクール氏を迎えての対話です。
RIMG0212.jpg
(上は本日いただいた冊子、下はメシアンの旋法による28のエチュード)
クラシックサックスを学ぶ人ならこの名前を知らない人はいないでしょう。あの50のエチュードは当時初心者のためのエチュードが全くなかったために作られたものだとか。
ラクール氏は現在御年80歳!!!あのサクソフォンの父とも言えるマルセル・ミュール率いるカルテットでテナーサックスを務めた方でもあります。
『あの時代は…』という語り口を聞くと、こうしてお話を聞けるこの機会が本当に貴重なもので、積み重ねられてきた歴史を感じます。間違いなくサックス界の発展に貢献した功労者でしょう。

いただいた冊子にはラクール氏の作品が網羅されており、サックス以外の楽器のための作品など自分の知らない作品が数多くありました。
エチュードについても彼は様々な要素を用いて作曲しているので、8つのブリランテ・エチュードやメシアンの旋法による28のエチュードはまだ名前が知られていますが、12音技法を用いたエチュード、無調によるエチュードなどは取り上げられる機会も少ないのではないでしょうか。

この歳になっても未だに活動的な姿勢、そして今現役で活躍している演奏家、または作曲家の現代音楽やスタイルへの理解、本当に心から尊敬します。
歳を取るならこのようにありたいと思いました。
スポンサーサイト

| 未分類 | 01:44 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

鶏肉でフリカッセ Fricassée de Poulet

最近料理の記事を書いていませんが、決して料理をしていないというわけではありません!
ですが確実にパスタの回数は増えております…

最近のブームはほぼ調味料だけで作れてしまうペペロンチーノ
しかし明らかに栄養不足なため、できる限りお昼を学食で、魚、肉、野菜などを摂取するようにしています。

土日は自分で作るしかないので、今までのレパートリーの反復ですが、トルティージャ(スペイン風オムレツ)の頻度は高めです。

今回はまたフリカッセ
2013-02-23 224757

ある料理系サイトを見て知りましたが、フリカッセというのは白ワインで煮た物を指すのではなく、"白"煮込みなんですね。
白ワインだけではなく生クリームを使っているものもいくつかありました!次回はそれに挑戦してみます…!


ところでマッシュルーム恐怖症はなくなりました。

"これは果たして洗うのか洗わないのか…"

なんて悩んでいた頃が懐かしいですが、今となってはそんなもの気にせずチャチャッと切ってポイポイッといった具合です。


こちらの写真は先日の悲劇。
2013-02-18 215831

一度封を開けたワインボトルに栓をするコルクを買ってみたのですが、見事半分に割れました!!!(笑)
栓をするときに気合を入れすぎたのでしょう。2度と同じ過ちはしません。

ちなみにこのワインは結局内側にコルクを押し込んで飲みきりました

| 食事 Repas | 23:41 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

クスミ・ティー Kusmi Tea

RIMG0211.jpg
エキゾチックなデザインのクスミティーです!

以前友人にいただいた3缶(アナスタシア、ウラディーミル、アールグレイ)、どれも独特なスパイスが効いていておいしかったのが忘れられず、またクスミティーで選んできました。

今回は"カシミール・チャイ"です。
高校生のとき、私の地元にあるインドカレー屋でチャイを飲んだ時以来すっかり虜になってしまい、スタバでもしょっちゅうチャイティーラテを飲んでいました。

また、マサラチャイなるものを作るためにルピシアでスパイスセット(カルダモン、シナモン、クローブなどが入っている)を買ってきて、鍋で紅茶と一緒に煮込んだは良いが鍋底に茶葉が焦げ付いてしまい親を困らせた、というほどのチャイ好きです。


クスミティーのチャイは胡椒系のスパイスが強いと思ったのですが、それに加えて独自のシュワッとする香りが相まってやはり独特な味のチャイになっています。
好みが分かれそうですが、あまり料理やデザートなどと合わせて飲める味ではなさそうです。



ところで100g未満で売ってくれるお店はないのでしょうか?!
安い上にもちろんどんどん消費するのですが、100gってなかなかの量です…できれば少量でも色んな味を試したいですよね

| 未分類 | 23:42 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

サクソフォン協奏曲第1番/八木澤教司 Concerto pour saxophone et orchestre n.1

『日本の文化と言えば吹奏楽!』
と言っても過言ではないと思います。

そしてパリの吹奏楽といえば、
『ギャルドレピュブリケーヌ管弦楽団』
でしょう。



昨日の夜、ドゥラングル先生より案内をいただいたコンサートを聴いてきました。
八木澤教司さんの名前は近頃日本の吹奏楽界でよく見かけます。
自分自身も吹奏楽で演奏したことがありますし、原先生のレッスンの中でイベールの研究者として知った名前でした。
そんな八木澤さんのサクソフォン協奏曲、非常に興味深かったです。

Saison Musicale 2012-2013 du Musée de l'Armée
Dans le cadre du cycle Vents d'Hiver

ギャルド・レピュブリケーヌ管弦楽団
指揮/フランソワ・ブーランジェ
サクソフォン/ジェローム・ララン
   サクソフォン協奏曲第1番/八木澤教司
   シェエラザード/N.リムスキー=コルサコフ

Orchestre d'Harmonie de la GARDE REPUBRICAINE
direction/François BOULANGER
Saxophone Solo/Jérôme LARAN
   Concerto pour saxophone et orchestre n.1/Satoshi YAGISAWA
   Shéhérazade,Suite symphonique opus 35/Nicolaï RIMSKI-KORSAKOV

アンヴァリッドという旧軍病院の中にある、とても立派な教会でコンサートが行わました。
ここは17世紀に使用されていたパリの歴史的建造物だそうで、現在も周囲にたくさんの大砲が設置されており、かなりの威圧感があります。
まず入口がどこかわからず、正面は厳重警戒風でとても入れるような雰囲気ではなくひとまず一周しました(だいたい2kmぐらいです)が、やっぱり入れそうなのが正面だけなので、

"ここでコンサートがあると聞いたのですが…"

と警備員に尋ねるとすんなり通してくれました(笑)


今回のコンサートで自分にとって特筆すべきなのは、
・ジェローム・ラランさんの演奏を初めて生で聴けたこと
・ギャルド・レピュブリケーヌ管弦楽団の演奏を聴けたこと
・八木澤さん本人が聴きにいらしていたこと(!!!)
でしょうか。

教会が本当に素晴らしく大きかったため、残響が多すぎて全体的にもやがかって聞こえたのが残念でしたが、確かに教会での空気感や、教会全体も一体となって音楽を作り上げていることが感じられました。
それから楽団の制服(?)というのか軍服(というのが正しいのでしょうか?)がビシッと決まっていてものすごくカッコよかったのですが、改めて吹奏楽は軍楽隊からきたものであるという認識をさせられました。

| 未分類 | 16:05 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

語学試験、2回目 2ème Examen français

ややまとめての更新になってしまいました。

…そして運命の語学試験が終了しました
2013-02-16 184223

と早速ビールの写真をアップしています(笑)
レフ"Leffe"はベルギービールでディナンでも良く飲んでいたものです。前回語学試験が終わった際にはレフのルビィ"Luby"(名前通り、赤いビールで独特な味がある)を飲んだのですが、今回はネクター"Nectar"です!
ネクターとは、ずばりハチミツ!!甘い物好きな私としては、


『甘いビールも悪くない。』


と思うんです!!!
『ビールはのどごしだ!』というのもごもっともですが、自分はこういうのもアリで良いのではと思います。


さてフランス語ですが、もう終わったことです。やれる限りのことはやったと思っています。
ですがまだまだ未熟者ですし、これからも勉強を怠るつもりはありません!!
結果が発表になるのはだいたい1ヵ月後です。きっと良い報せをお届けできると信じて、さらに精進していきます!

| 未分類 | 02:39 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

散髪 Coupe les Cheveux

髪を切ってきました!
2013-02-09 153333

ビギン"Biguine"というチェーン店で、学校の正面にある路地にあるお店です。
友人の多くはパリに住んでいる日本人の美容師に切ってもらっているようで、その情報も口コミだったりインターネット上の掲示板などでも探すことができます。

しかし一度はフランス人に切ってもらいたいという文化の違い見たさとチャレンジ精神を試すことも兼ねて、行くことを決意!
フランスの美容室については前々から噂を聞いたり調べたりしていたのですが、思った以上に普通でした!!!
ただ髪型を尋ねられたときになんのアイデアも持っていなかったので、"フランス人っぽくお願いします!"なんて訳のわからないことを口走ったりしましたが、普通、だと思います。

ただし切り終えた後は洗わずにブローだけです
一度帰ってシャワーは必須です。


改めて日本のサービスが行き届いて(届きすぎな気もします)いることを実感するのでした。

| 未分類 | 01:53 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

メタモルフォーズ La Métamorphose

メタモルフォーズというのは"変身"とか"変形"などといった意味であり、また今回のコンサートのサブタイトルでもあります。

自分がこちらに来てから2回目となるサックスクラスによる演奏会で、小さな学校の中にある教会でのコンサートでした。

・プログラム
--PAN--
Concerto en La mineur / J.S.Bach (S.Sx,Pf)
3 Duos / L.Berio (2 S.Sx)
--PHAETON--
Cantilène et Danse / M.Eychenne (Vn,A.Sx,Pf)
5ème Bachiana Brasileira / H.Villa-Lobos (Sop,6 Sx ensemble)
--NIOBE--
2 Duos / B.Bartok (2 S.Sx)
Nimrod / E.Elgar (Saxophone Ensemble)
--BACCHUS--
Canon / P.Portejoie (2 S.Sx)
Le Chant des Ténèbres / T.Escaich (Solo S.Sx,Sx ensemble)
--NARCISSE--
Ximix / F.Rossé (2 S.Sx)
Quatuor op.10 / C.Debussy (Sx Quartette)
--ARETHUSA--
Une Nuit sur le Mont Chauve / M.Moussorgski (Saxophone Ensemble)

合間に挟まっている、Pan,Phaeton,Niobe,Bacchus,Narcisse,Arethusaの6曲はブリテン(B.Britten)の作品です。この"オウィディウスによる6つのメタモルフォーゼ(Six Metamorphoses after Ovid)"を軸として全体のプログラム構成がされました。
曲目自体もバッハからコンテンポランまで、編成もヴァイオリンや声楽の加わるものなど多彩で、それに加えて演奏する場所も曲ごとに2階席から演奏したり、客席の後ろからだったり、歩き回ったりとまさに"変化"に富んだ演奏会だったのではないかと思います。
乱暴に言えばごちゃごちゃしたものを"Metamorphose"という言葉でまとめてしまった、ということでしょうか(笑)
ただそれにしても聞いている側としては長く感じたと思います。
なぜなら休憩なしで1時間半以上もぶっ続けだったからです!!(笑)
予定では1時間強で終わるはずだったようなのですが・・・


と、若干客観的になってしまうのは実際に出演することが勉強に繋がっていると実感できるからです。
それから、自分も出演者なのですが演出に関しての勉強もまだまだ足りないし、ましてや構成に関してどうこう言えるほどの語学力もないので、"参加させてもらっている"感は否めません…

それでも自分なりに精一杯得られるものは存分に吸収していこうと思えるコンサートでした!

| 未分類 | 23:10 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

I K E A

本日の目的は家具調達…
2013-02-02 171136

という訳でホットドッグを食べてきました(笑)


日本にもイケアはありますが、自分にとってはこれが初イケアとなります。日本にもこのようなサービスはあるのでしょうか…?
これが激安なのです…!『腹が減っては~』の言葉通り、まずはしっかりと食べてから買い物に臨んでね、ということなのでしょうか。まんまと釣られています(笑)

それはさておき、本題の家具たちも強い気持ちを持って臨まないと大変なことになります。
もう見るもの全てが欲しくなってしまうんです

持って帰るにしても限りがあるので、今回は必要最低限のものを買うこと専念しました。
イスやテーブルさえ無かった部屋だったので、ちょっとはまともな生活を送っていけそうです。


そして翌日見事に筋肉痛に襲われるのでした

| 未分類 | 00:09 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。