まこネット Maconettes

本堂誠の生活を綴るブログ。

2013年07月 | ARCHIVE-SELECT | 2013年09月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ラヴェルの家 Musée Maurice Ravel

近頃ヴァカンスを満喫しています。色んな人に声をかけていただいて色んな所を巡ることができて幸せです。
IMG_0389.jpg

先日のくず餅を分けていただいたローくんとラヴェルの家に行ってきました。
パリからローカル線で約40分のところにある、Monfort l'Amauryという小さな町です。
土曜日だからかヴァカンス中だからか、とても閑静でゆったりとした時間が流れているようで、ブルターニュのアカデミーがあったロストロナンに雰囲気が似ていました。

ラヴェルの家はその町の少し坂を上ったところにあります。
出迎えてくれたのはきっとラヴェルと何らかの親しい関係にあった人で、おそらく70歳は超えているだろうというおばあちゃんだったのですが、そうとは思えない活発さで家の案内をしてくれました。

玄関を入ってすぐに迎えてくれるのは日本画でした。歌舞伎役者の名前が入った馴染み深い絵。ラヴェルやドビュッシーはパリ万博がきっかけで、東洋の芸術に大きな興味を持っていたそうです。明治時代の汽車の絵なんかもありました。
住むための家というよりもコレクターとしての家といった雰囲気があり、書斎を案内された時も本はぎっしりと詰まっているのですが、ある本は本当に1ページしか読んでいないものなど、彼の人間らしさが窺えました。

初めに載せた写真はラヴェルが作曲をする際に使用していたピアノだそうで、ここのおばあちゃんは人が来るたびにピアノを弾ける人がいるかどうかを尋ねて弾かせているそうです。
エラールのピアノでタッチがとても軽く、ローくん曰く《ひとつひとつの音が和音の中に溶け込みやすいため、今のピアノだと意識しなければならない不協和音を、自然に弾いても溶け込んで聞こえてくる》とのこと。
このピアノを弾いて作曲していたのかと思うと感慨深いです。

家の裏手には日本風の庭がありました。
2013-08-24 164407
植物もどのように持ち込んだのかはわかりませんが、左に少し写っているのはもみじで、これまた馴染みある風景に懐かしさを感じました。


2013-08-24 164859

帰り際の1枚。ラヴェルの家からも見える教会で結婚式が行われていました!!
鐘の響きがどことなくラヴェルの曲に出てきそうな音使いでした。
スポンサーサイト

| 未分類 | 09:09 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

サボテン Les Cactus

以前から欲しいと思っていたんです。
家の中に何かしら緑が欲しい、けれど面倒を見切れるだろうか…

そんな悩みを解決してくれるのはズバリ『サボテン』でした!
2013-08-23 133639

たまたまパリの中心辺りに行く機会があったので、そのついでに探してみるとマレ地区の北にサボテン専門店があることが判明。Les Succulents Cactus というお店です。
本当に様々な種類のサボテンがあり迷ったのですが、結局濃い緑色に白い棘が綺麗に引き立っていたこちらを購入しました。
RIMG0492.jpg

画像なので大きく見えますが、実際は手のひらサイズでかわいいです。
店員さんに手入れの仕方を聞くと、今の時期は1週間に1回の水やりで良いとのこと。

頑張って面倒を見ればいつか花を咲かせてくれるのでしょうか…楽しみに待っていることにします

| 未分類 | 23:47 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ラデュレ《ル・バー》  Ladurée -Le Bar-

マカロンといえば、ラデュレ。

しかしこの日いただいたお菓子はマカロンではありません。

なぜなら…



サロン・ド・テに入ったからです!!!!

注文したデザートはこちら。(一番手前)
2013-08-18 160548

サントノレ・ローズ・フランボワーズ(Saint-Honoré Rose Framboise)です。友人に乙女過ぎると言われましたが、そんなの関係ありません。見た目の美しさもさることながら、味も抜群でした。

素敵だったのはお菓子だけではなく、お店自体の内装。中には観光客しかいませんでしたが、下手な格好では入ることのできないような、そんな優雅な気分にさせてくれます。
ラデュレのサロン・ド・テはパリに2店舗あるそうで、自分たちが入ったのはシャンゼリゼ通り店でしたが、こちらの方が後にオープンしたそうです。
食べ終えた後の切なさと幸福感を存分に味わってからお店を後にしました。幸せです!!!

| スイーツ Des Gateaux | 14:34 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

親子丼! Oyako-don

日本から芸大の同級生が講習会を受けるついでに遊びに来ています。
というわけで、初めて作りました!親子丼!!
RIMG0489.jpg

相変わらずクックパッド先生に頼りっぱなしですが、材料で持っていなかっためんつゆはだしを使ってカバーしたり、我ながらちょっとは機転を利かせられたのではないかと思っているのですが、どうなのでしょう。
音楽もそうですが、相手のいる料理は楽しいです。もしおいしくできたら、なお嬉しいです。

これからも新たな料理にトライしていきます!!

| 食事 Repas | 23:18 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

フォー・バン・クォン・キャトーズ Pho Banh Cuon 14

《地球の歩き方》にも載っているベトナム料理レストランに行ってきました!!
通称Pho14(フォー・キャトーズ)で、色んな人が話題にしているみたいです。
2013-08-15 194624

お店の前は大行列!!並んでいる人も国籍が様々で、色んな人に愛されているのだと思いました。
初めてフォーを食べましたが、東南アジアの独特な味わいがやはり好きです。以前タイに行ったとき食べた本場の料理は、おそらくパクチーの根っこなどがまるごと入っていたりでキツすぎましたが、日本やフランスに出てきているレストランはそれが和らげられていて食べやすくなっていると思います。健康に良さそうな葉が入っていると思わずガツガツと食べたくなってしまうんですよね


自分でも作れるのでしょうか…
フォーの麺を打つのは無理でも野菜ぐらいだったら、材料はこのお店もある13区辺りで調達できるはず!
あとは…クックパッド先生、助けてください!!

| 食事 Repas | 23:53 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

吉野のくず餅 Kuzumochi de Yoshino

CNSMのピアノ科に在籍しているロー・マシューくんのお家にお邪魔して、夜ご飯をご馳走になりました!!
2013-08-13 223831

しかし今日のメインディッシュはご飯ではなく、お菓子。ローくんが両親からいただいたそうで、分けていただきました。
肝心のくず餅の写真を撮るのを忘れてしまいましたが、奈良県天理市近辺のくず餅で、どうやらそこ名産のお菓子のようです。
しっかりとした歯ごたえのある餅に黒蜜ときなこをかけて、緑茶と合わせていただきました

パリにいながら和菓子をいただけて、とても幸せです

| スイーツ Des Gateaux | 23:07 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ロダン美術館 Musée Rodin Paris

快晴のパリ!今日は空がとても青くて綺麗でした!
エッフェル塔と、アンヴァリッドの写真。
2013-08-11 121723 2013-08-11 123353

そしてロダン美術館に行ってきました!
彫刻家として有名なロダンと言えばやはり『考える人』。ですが今日この日までこれが『地獄の門』の1部分の作品であるということを知りませんでした…
2013-08-11 134739

地獄の門の上に乗っかっている下を指差す3人衆も評価が高いらしく、これも『3つの影』という独立した作品として別の所に展示されていました。
その少し下に佇んでいるのが『考える人』です。
地獄の門を細かいところまで見ていくと赤ん坊から大人まで様々な年代の人が門から逃れるように飛び出してきており、凄まじい力を感じました。

また庭も綺麗に手入れされていて、林の木陰でカフェを飲んだりして優雅な昼下がりを過ごしました
2013-08-11 143605

バラが『考える人』を囲むように咲いていました。
2013-08-11 144607 2013-08-11 144701 

珍しいと思ったのはロダンによる絵画です。さすが彼の名前を冠した美術館だけあり色んな作品が収集されています。
それにしてもこれだけたくさんの彫刻をじっくり見る機会もあまりないので良い経験でした。

| 未分類 | 23:21 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

第2回ブルターニュ国際サクソフォンアカデミー Académie Internationale de Saxophone de Bretagne 2013

7月23日から8月5日まで、フランス西部のブルターニュ地方、ロストロナンという町で開催されたサクソフォンフェスティバル、アカデミーに参加してきました!

パリからブルターニュに行くには結構な距離があるため、行きも帰りも中間地点のブロリー(Broglie)という町にあるマチューの実家にお邪魔させていただきました。
自然豊かで静かなのんびりした町。
お家にはハンモックが!!
2013-07-22 151359

家庭菜園なんかも充実していて、自家製ジャムが絶品でした

このアカデミー中はスタッフ8人で貸し家(フランス語ではジット《Gîte》といいます)を借りていたのですが、とても綺麗で広くて快適なお家でした!
手前にアジサイが咲いています。
2013-07-25 102524

基本的に自炊なので、みんなで交代しながらご飯を作っていました。合宿みたいです。
2013-07-24 135216

料理しているヨナタン。
2013-07-24 132902

外でご飯を食べるときは大抵ブルターニュ名物のクレープ、ガレットでした!キャラメルも名物です。
RIMG0475.jpg RIMG0461.jpg



今回は受講生としての立場ではなくスタッフとして、演奏させていただいたり運営に携わらせていただき、とても貴重な経験となりました。スタッフも全員がとても雰囲気の良い人たちばかりだったため、本当に楽しいあっという間の2週間でした。ありがとうございました!
P1030632.jpg




おまけ
貸し家にいる間に消費したビール
P1030629.jpg

| 未分類 | 13:35 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。