まこネット Maconettes

本堂誠の生活を綴るブログ。

2015年08月 | ARCHIVE-SELECT | 2015年10月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

フォーレのレクイエム Fauré’s Requiem

先日の初アムステルダムオペラ座に続き、今回は初のコンセルトヘボウでした!
concertgebouw1.jpg


さらに"初"が続きますが、大好きなフォーレのレクイエムを初めて生で聴くことが出来て感動しています
concertgebouw2.jpg


Program / プログラム

Johannes Brahms / J.ブラームス
 Tragische ouverture op.81 / 悲劇的序曲 作品81

Johannes Brahms (arr. Detlev Glanert) / J.ブラームス (編曲 D.グラナート)
 Vier ernste Gesänge op.121 / 4つの厳粛な歌 作品121

Gabriel Fauré / G.フォーレ
 Requiem op.48 / レクイエム 作品48

Direction / 指揮
 Stéphane Denève / ステファヌ・ドゥネーヴ

Koninklijk Concertgebouworkest / ロイヤル・コンセルトヘボウ管弦楽団


とても充実したコンサートでした。
まず感じたのはこの完璧なプログラミング…

完璧というより、私個人の視点から感じたことなのですが、

・同時代の作曲家を選び時代の統一感を出しつつも、2曲目には若干の現代音楽的なアレンジを加えて新たな可能性を見出だそうとしていること。

・中立に位置するオランダだからこそ出来る、スタイルの相反するフランスとドイツの作品への独自のアプローチ。

・最初から最後に向けて徐々に広がっていく編成と音楽、そして何よりその並べられた作品にストーリー性があること。

序曲は言わずもがな、始まりにふさわしい"生(せい)"を感じさせ、ブラームスの作品121は最晩年の作品ということもあり、聖書から引用されている歌詞の内容もそうですが、作曲者本人も"死"を意識しているのは間違いないです。

そしてそれを弔うレクイエム。

このコンサートはフォーレのレクイエムがメインと銘打っておきながら、もしかしたら本当はブラームスのためのコンサートなのでは? と感じてしまうストーリーですが、想像の余地があって面白いです。


…こんなプログラムが組めたら理想的ですね!!!


演奏も本当に素晴らしい物でした。
安い席だったために首の疲れる見上げなければならない最前列辺りにいたのですが、指揮者の横顔が見えたことで音楽への意図を多分に感じたのかもしれないです。
感情移入しすぎて数滴の涙をこぼしてしまいました(笑)

普段聞き込んでいるレクイエムの録音はもっと重厚で厳かな雰囲気を持ったものなのですが、コンセルトヘボウのパイプオルガンがあまり大きくないためなのか、全体を通して明るめで軽い感じがありました。

…それもまた良し!笑



ところで2曲目のアレンジをしたデトレフ・グラナート氏ですが、どんな人物か調べてみるとなんと3年前の時点でソラリスを題材にしたオペラを手がけていたそうです。
藤倉大氏によるオペラはもっと抽象的な表現が多かったのに対して、こちらはもっと分かりやすい舞台セットなどが組まれていたようです。
以下のリンクから一部分を見ることが出来ます。
https://vimeo.com/46477117
スポンサーサイト

| 未分類 | 23:26 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ばらの騎士 Der Rosenkavalier

行ってきました、アムステルダムのオペラ座!
amsterdam opera 2

演目はR.シュトラウス作曲の"ばらの騎士"です。
当日の朝、サックスクラスの友人に声をかけられ急遽行くことを決めたのですが、学生料金で15ユーロ!!
破格です…
amsterdam opera


脚本
 Hugo von Hofmannsthal / フーゴ・フォン・ホフマンスタール (1874-1929)

音楽
 Richard Strauss / リヒャルト・シュトラウス(1864-1949)

 Komödie für Musik in drei Aufzügen : Der Rosenkavalier, op. 59
  / 3幕の音楽のための喜劇 : ばらの騎士 (1911)

 Nederlands Philharmonisch Orkest / オランダフィルハーモニー管弦楽団



"ばらの騎士と言えば吹奏楽!"



第一印象以前に、元々持っているイメージがこれでした(笑)
吹奏楽コンクールで毎年のように取り上げられる曲ですね。


フランスのスタイルとは違う物を求めて交換留学をしているのですが、正に求めていたもの、早速ドイツ作品に触れることが出来て嬉しいです。

私の中で三大苦手意識を持っている作曲家がマーラー、ブルックナー、そしてR.シュトラウスなのですが(笑)、共通の理由としてはサックスとの接点がなさ過ぎること、それから作品が長大すぎることでしょうか…
それでも最近はシュトラウスに大しての苦手意識は克服しつつあります。しかしそれもやっぱりA.マルゴーニによる"20世紀作曲家のスタイルによるサクソフォンのためのエチュード"を取り上げたことがあるおかげなのでしょうか…(笑)




"ばらの騎士"という美しい、カッコいい響きのタイトル。
恋の物語、悪役の男爵を罠に陥れて晴れて若い男女が結ばれる、といういかにもオペラなストーリー。

素晴らしい音楽に酔いしれたかったのですが、なかなかそうはさせてくれない問題が…

そう、今いる場所がドイツではなくオランダだった、ということ。



悪役の位置にいるオックス男爵は"野卑で傲慢で自己中心的で好色漢、おまけにケチ(wikipedia)"で、この性格と現代風にアレンジされた演出、衣装が相まって男女の絡みや第3幕のバーでの場面はかなり過激なものになっていました。


不安に思ってyoutubeで別の演出の物も見ましたが、18世紀のウィーンという設定が理解できるものばかり。

…ホッとしました(笑)




さすが開放的な国、オランダ恐るべし…

| 未分類 | 14:50 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。