まこネット Maconettes

本堂誠の生活を綴るブログ。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

ヘルベルト・ブロムシュテット Herbert Blomstedt

久々にサル・プレイエルで演奏会を聴いてきました。



パリ管弦楽団/Orchestre de Paris
ヘルベルト・ブロムシュテット指揮/Herbert Blomstedt,direction

プログラム/programme

 J.ブラームス/Johannes Brahms

 哀悼の歌/Nänie,pour choeur et orchestre
 運命の女神たちの歌/Gesang der Parzen,pour choeur et orchestre
 運命の歌/Schicksalslied,pour choeur et orchestre

 交響曲第2番/Symphonie n°2



現在CNSMの学生で、パリ管弦楽団のアカデミーに参加しているヴァイオリンの友人から、運良く招待券をいただきました。
プロのオーケストラに混ざって演奏するのがどれだけ勉強になるかは想像に易く、その雰囲気を見れたら、ぐらいの気持ちで演奏会に行ったのですが、しかし想像を超える素晴らしい演奏に圧倒されました。

その音を作り上げていたのはヘルベルト・ブロムシュテット氏。指揮者である彼の名前を今日この日まで知らなかった私でしたが、調べてみるとNHK交響楽団で振っていたこともあるということで、日本での人気はかなり高いようです。
その歳なんと86!!そうとは思えない若々しさのある指揮振りにオーケストラも熱のある演奏を繰り広げていました。
そんな人の下で演奏できるのはとても貴重で、アカデミーに参加した人にとっては宝物になる経験でしょう。羨ましいです。

もう一つの収穫はブラームスの合唱付き作品を聴けたことで、オーケストラだけの演奏に比べればはるかに演奏される機会は少ないと思います。
この2つの貴重な機会に巡り合わせてくれた友人に大感謝です。
スポンサーサイト

| 未分類 | 23:56 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://makotohondo.blog.fc2.com/tb.php/103-12df41bd

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT