まこネット Maconettes

本堂誠の生活を綴るブログ。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

ピエール・エルメ Pierre Hermé

マカロンといえば、ラデュレ。

とか、ピエール・エルメとか。(笑)
pierre herme

久々のスイーツ記事です。
以前書いた頃はまだ世界を知らなかったというわけです。
美味しいものは美味しい!みんな違って、みんな良い!!

この年度末の試験シーズンの中で、とある音楽院の伴奏科の課題がP.スウェルツのクロノスということで、練習にお付き合いさせていただいただけなのですが、贅沢品をいただいてしまいました。


ラデュレのマカロンを"自然派"と言うのなら、ピエール・エルメのマカロンは…続く言葉があまり良くないものしか思い浮かばないのですが、別にこのお店を貶めるために書くわけではないです!!

しかし敢えて包み隠さずに言うと、、、オイル感が強い(笑)

何故このように油っこさが違うのか、それを代償としてピエール・エルメが獲得したものはズバリ"豊かな香り"だと思います。
ピエール・エルメの販売しているマカロン、種類がとても多いんです。
なぜなら一つのマカロンに対して何種類かの素材による"組み合わせ"マカロンがあるから!
基本的なものはレモンや、ピスタチオなど、1種類の素材によるマカロン。
それに加えてバラ、ライチ、ラズベリーの組み合わせや、ヨーグルト、オレンジ、パッションフルーツの組み合わせなど。
イメージしただけで垂涎ものですが、これらの組み合わせ素材の利点を活かすためにはやはり香りが欠かせないのでしょう。

1、2個でも充分に満足できるほど濃厚(油っこい)。それを5個もいただいてしまったので、じっくり味わいながら、でもなるべく早く質が落ちない内に…幸せなひと時でした!
スポンサーサイト

| スイーツ Des Gateaux | 18:05 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://makotohondo.blog.fc2.com/tb.php/116-647c5aad

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT