まこネット Maconettes

本堂誠の生活を綴るブログ。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

北欧の旅 その2 Croisière Norvège 2

朝食を狙っているハンター。
croisiere2-01.jpg

デジカメの電池が切れたためにスマホで写真を撮っています。全体的に暗めな写真になってしまいました。

この日訪れた町はベルゲンという首都オスロに次いで大きな都市で、人も多く賑わっていました。
croisiere2-02.jpg croisiere2-00.jpg


巨大な船の数々は7月末に開催される帆船レースに使用される世界各国の船。
croisiere2-05.jpg croisiere2-04.jpg


港に隣接して建つ家々。かなり歴史があるようです。
croisiere2-03.jpg

トナカイの剥製。いかにも北欧らしい。
croisiere2-06.jpg

ベルゲンは作曲家グリーグの生まれ育った土地でもあります。
今回の旅のメインの一つ、グリーグ博物館。
croisiere2-07.jpg

croisiere2-08.jpg

家の裏庭は和も感じられるような雰囲気。その先には広がる海と町の豊かな景色。
croisiere2-09.jpg croisiere2-10.jpg

本日のランチはグランドピアノ。
croisiere2-11.jpg

音楽関連の場所、その2。
グリーグの友人でもあり、当時ノルウェーの演奏家としてスター的存在だったオーレ・ブルの家を見学。
とにかく贅を尽くして建てられたこの家、まず外観で目につくのはアラビアンな様式特有のタマネギ型。
croisiere2-12.jpg

特注の家具にはOle Bullの名前。
croisiere2-14.jpg

大広間にある3つのシャンデリアはそれぞれ違った国のスタイルで作られたとか。
croisiere2-13.jpg

1733年にグァルネリによって制作されたヴァイオリンを愛用していたようです。
croisiere2-16.jpg

ベルゲンを満喫して船に戻ります。
この日の船でのディナーはスペシャルビュッフェでした。
croisiere2-17.jpg croisiere2-20.jpg

croisiere2-18.jpg croisiere2-19.jpg

壮大なフィヨルドも、1週間毎日見ていると段々ありがたみがなくなってしまうんです…慣れって怖いですね!
croisiere2-21.jpg

最後に船が到着したのはベルギーのリエージュで、そこから5時間ほどかけてバスでパリに戻りました。
留学生としての目的はその地での勉学がまず第一ですが、ヨーロッパに来ているからには近隣の国へ足を伸ばすことも容易で、さらに演奏の場も頂けるとは留学生冥利に尽きます。
誘っていただいたクレモン先輩、ありがとうございました!!
スポンサーサイト

| 未分類 | 12:07 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://makotohondo.blog.fc2.com/tb.php/121-dd127e38

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT