まこネット Maconettes

本堂誠の生活を綴るブログ。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

図書館 Bibliothèque

パリに来てからもう3週間の学校生活が過ぎました。時が経つのが本当にあっという間です。しかしとても充実しているのは間違いないです


近頃学校の図書館をよく利用しています。
RIMG0129.jpg

大きさで言うとそこまで広くはないのですが、おそらくマニアックな資料がたくさん眠っていると思われます。
サックスの楽譜に関してはどのように揃えられていくのかはわかりませんが、きっと貸し出し頻度の高いもの、入試の課題になっているもの、または重要なレパートリーのものなどは同じ曲でも2、3冊おいてあったりするので、そこからなんとなく傾向を読み取れるような気がしています。
ここにある楽譜でよく目にしたのが、"Concours National de Saxophone d’Aix–les–Bains"
このコンクールのために書かれた作品、そしてその曲名はあまり知られていないような楽譜が何冊かありました。
検索にかけてみると、ASAXWEBというサイトがでてきました。これはどうやらフランスのサクソフォン協会のようで、昔は協会主催のコンクールをいくつか開催していたようです。

入賞者リストをみると、今あちこちの音楽院で先生をされている方々の知った名前がじゃんじゃんでてきます。当時の登竜門的な存在だったのでしょう。

それにしてもこのホームページがすごく面白そうな雰囲気を醸し出しています!
時間があるときにじっくりと読ませていただこうと思っているところであります。



話が逸れましたが、もうひとつ図書館といえば音源です。
RIMG0115.jpg


今回借りたのはやっぱりサックスのCDなのですが、これはここでしか借りることのできない特別なものです。何せレーベルが"CNSMDP"ですから!
最近ではアレクサンドル・スーヤさん、ヨナタン・ラウティオラさんがCDを出しました。その2枚ももちろん置いてありましたし、今回借りたミーハ・ロギーナ氏、エルワン・ファガン氏のCDや、他にもジェローム・ララン氏のCDがありました(BISレーベルのドゥラングル先生のCDも揃っていました)。それから作曲家とコラボレーションする企画で、大石将紀さんが録音に加わっているCDも発見しました。
在学中か、卒業してからか、詳しいことはわからないのですが、確か録音をするためには企画、というかコンセプトのプレゼンをする必要があるような話を聞いた気がします。
それもあってどのCDもすごく個性的!ほぼ知らない曲なので、新たなレパートリーが開拓されていきます。

自分が高校生の頃はサックス(クラシックのみ)のCDと見るや即購入という、若干コレクターまがいのようなものをしていたもので、こういう"限定"物を見ると興奮せずにはいられません(笑)


しかし図書館にいると自分の語学力のなさが本当に悔やまれます…!
楽譜、CDだけじゃない、その辺にある本もすごく面白そうなんです。。いつかきっと読めるように、今は地道にフランス語の勉強を続けていきます
スポンサーサイト

| 未分類 | 22:57 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://makotohondo.blog.fc2.com/tb.php/13-1c26e79e

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT