まこネット Maconettes

本堂誠の生活を綴るブログ。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

スラップタンギングの歴史 Qui a commencé le slap ?

この記事を書くのは単純な興味からです。

『どうすればスラップタンギングができるようになるの?』というコーナーではないのでご注意ください(笑)


- スラップタンギングを一つの特殊奏法として初めて利用したのは誰なのか? -

現存している録音ではルディ・ヴィードーフによる1900年代初期の頃のものがあるかと思います。そしてそれより少し後にマルセル・ミュールとシガード・ラッシャーによるイベールの室内小協奏曲の録音がありますが、カデンツァの部分でははっきりとしたスラップではないように聞こえます。

イベールのこの曲は現代でもスラップで演奏する人がいたりいなかったりですが、楽譜ではこうなっています。

【ピアノ譜】特に指定がありません。
slap3.jpg

【パート譜】いわゆるスタッカーティッシモです。
slap4.jpg

【オーケストラ譜(手書き)】どのような経緯を経てこうなったのかは分かりませんが、手稿では+表記です。
slap5.jpg

おそらくヴィードーフ以前にもスラップタンギングを扱える人はいたのでしょうが、それはあくまでも奏者のヴィルトゥオーゾの一つ、テクニックとしての一つでしかなかったのでしょう。
または初心者に有りがちなミスとしての認識の方が強かったのかもしれません。

そう、今回私が気になったのは"奏者で初めてスラップ利用した人"ではなく、"作曲家で初めて特殊奏法として利用した人"が誰なのかということです。
この記事でオネゲルの火刑台上のジャンヌ・ダルクを聴いたと書きましたが、実はこのサックスパートにはっきりとスラップの指定があるのです。
slap1.jpg

slap2.jpg


イベールの室内小協奏曲の完成が1935年、オネゲルのこのオラトリオの初演が1938年です。
そして、その間の年である1937年には"L'aiglon (鷲の子)"、1938年には"Le Petit Cardinal (小さな枢機卿たち)"の2つのオペラをイベールとオネゲルの2人で共作してることからも、情報共有は密であっただろうことが想像できます。


イベールの作品の中ではカデンツァ中の利用のため、まだヴィルトゥオーゾ的と言えるかもしれませんが、音響効果として初めて利用したのはオネゲルなのではないかというのが私の見解です。


2人のやり取りもかなり興味深いですが、どなたかこの辺りの話を題材にした論文を書いてくれませんかね?笑
スポンサーサイト

| 未分類 | 13:37 | comments:3 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

今では当たり前に使われている特殊奏法。その原点を探るのは興味深いですね。ピアノで言えば、ソステヌートペダル。1844年に「これを考案したのがフランスのジャン・ルイ・ボワスロー。1874年にスタインウェイ社によって改良されたものが現在の形。作曲者が詳細に使用箇所を指定するようになるのは、もっとずっと後のことになります。しかしながら、これが考案されるずっと以前の作品でも使用することによって、驚くほど表現の幅が広がるという場合もあります。今は亡くなった元師匠が、「ペダルは文化である」と仰っていてとても感慨深いです。サックスと関係ない話ばかりですみません・・。

| | 2015/04/19 20:53 | URL |

この記事はさすがにコメントせざるを得ない...!愛しのスラップ!
マスターの論文、スラップタンギングにすればよかったな。

| ML | 2015/04/23 01:42 | URL |

ラッシャーの演奏するラーションの1楽章のタッカタッカのリズムが全部スラップで演奏されてるのも気になるね(p‘・ω・〝q)

| (p‘・ω・〝q) | 2015/05/15 21:23 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://makotohondo.blog.fc2.com/tb.php/133-a71c5bde

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。