まこネット Maconettes

本堂誠の生活を綴るブログ。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

"マニフェスト2016" その3 Manifeste2016

今度こそ"その3"となった"マニフェスト2016"のコンサートはこちら。

manifeste2016 3-1

Programme / プログラム
- NOCTURNES - / - ノクターン -

Maurice RAVEL / モーリス・ラヴェル
 Gaspard de la nuit / 夜のガスパール

Marco MOMI / マルコ・モーミ
 Unrisen (新作委嘱作品)

Salvatore SCIARRINO / サルヴァトーレ・シャリーノ
 De la nuit

Maurice RAVEL / モーリス・ラヴェル
 Quatuor à cordes en fa majeur / 弦楽四重奏曲


Mariangela VACATELLO / マリアンジェラ・ヴァカテッロ ( Piano / ピアノ )
Quatuor Zaïde / クワチュール・ザイード ( Quatuor à cordes / 弦楽四重奏 )
Serge LEMOUTON, Adrien MAMOU-MANI (IRCAMエンジニア)

ブッフ・デュ・ノール劇場 (Théâtre des Bouffes du Nord) という19世紀に建てられた歴史的な劇場でのコンサートでした。
manifeste2016 3-2

コンセプトのはっきりしたコンサートで、サブタイトルの"ノクターン(Nocturnes)"の通り、今回プログラムされた曲は"夜"にまつわるもの。そして"ラヴェル"に関係するもの。
ラヴェルの"夜のガスパール"やシャリーノ氏の"De la nuit"は曲名そのままですが、モーミ氏の新作"Unrisen"は"un-risen"で、つまり(日が)昇らない、という意味からでしょうか。

シャリーノ氏の"De la nuit"は1971年のピアノソロ作品。4分ほどの小品でとても技巧的な曲なのですが、夜のガスパールから全く同じパッセージが引用されたり、ショパンやリストやドビュッシーなどからの引用もあるパロディ的作品で、とても楽しみながら聴いていました。
モーミ氏の新作は弦楽四重奏+ピアノによる五重奏にエレクトロを含む作品。約30分もある大作でしたが、そこは奏者たちの集中力と気迫で聴衆を引きつけながら最後まで素晴らしい演奏でした。

クラシックとコンテンポラリーのバランスの取れたコンサートでした!
スポンサーサイト

| 未分類 | 17:47 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://makotohondo.blog.fc2.com/tb.php/147-e3ec805a

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。