まこネット Maconettes

本堂誠の生活を綴るブログ。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

期限延長

学校のディレクター(学長のようなもの?)であるマントヴァーニ氏から音沙汰がありました。

"次回の試験がある2月16日の結果まで待ちます。そしてこれが本当に最後のチャンスです。"



ブルーノ・マントヴァーニ氏はCNSMの作曲家出身で、現在おそらく30歳半ばぐらいだと思います。
まだまだ若いのにこの職にあるというのは、相当な能力、実績を認められてのことなのでしょう。
サックスとピアノのための『霧雨の狂』はコンクールの課題曲としてもよく取り上げられるため、日本でもすっかり有名なレパートリーの一つになったと思います。
ビスビリャンド、フラッター、スラップなど一つの音の持つ要素を変化させていくのはL.ベリオのセクエンツァⅦに良く似ていますし、微分音があることからも和音の構成はスペクトル楽派のものだと思います。
自分もいつか演奏してみたい、素敵な曲です。


…なんて持ち上げるようなことを書いたからって別に何かあるわけでもないのですが(笑)
マントヴァーニさん、寛大な処置、本当にありがとうございました。
スポンサーサイト

| 未分類 | 16:22 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://makotohondo.blog.fc2.com/tb.php/21-be1fcff3

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。