まこネット Maconettes

本堂誠の生活を綴るブログ。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ヴァンヌ巡り-1日目- une petite vacance à Vannes

パリのモンパルナス駅からTGVに乗ること約3時間、フランスの西海岸沿いのブルターニュ地方にヴァンヌという町があります。

今回この町を訪れたのはCNSMのサックスクラスの学生でコンサートをするため。
そしてこのようなイベントに参加することができたのは全てスーヤ夫妻による企画のおかげです。

RIMG0411.jpg

スーヤ夫妻が先生をしているひとつの学校がこのヴァンヌの音楽学校で、この"Journées du Saxophone"(サクソフォンの日)と名付けられたイベントは、いわゆるブルターニュのサクソフォンフェスティバルのようなものです。

コンサート会場となるホールの入口では楽器店の協力でいくつかのサクソフォンが並べられており、試奏することができるようになっていました。
イベントもセルマー社による楽器製造についての紹介や、ドゥラングル先生のリサイタル、マスタークラスなど数多くあり、その内のひとつとしてCNSMによるドゥラングル先生を含めたサクソフォンアンサンブルによる演奏が行われました。

演奏プログラムは、

Marche écossaise(スコットランド風行進曲)/ドビュッシー(C.ボワ編曲)
Sérénade/ドヴォルザーク(D.オコナー編曲)
Suite de Pulcinella(プルチネラ組曲)/ストラヴィンスキー(井上ハルカさん編曲!!)

の3曲、それから間にソロ、デュオ、カルテットの小品を挟むという構成となりました。

アンコールの後は客席のサクソフォニストたちもステージに上がり、アレクサンドル・スーヤ氏編曲、指揮によるリベルタンゴを大合奏
盛況の内に1日目の幕が閉じました。


演奏の後はすぐ近くのクレープ屋へ
ブルターニュ名物をいただきました!!!
2013-05-25 225552
クレープもキャラメルも名物。クレープにはそば粉が入っているのが特徴です。

2013-05-25 215558 2013-05-25 230415
シードルはこのようなカップで飲む習慣のようです。


大満足の1日でした
スポンサーサイト

| 未分類 | 22:59 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://makotohondo.blog.fc2.com/tb.php/60-bdc9dadb

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。