まこネット Maconettes

本堂誠の生活を綴るブログ。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

セルマー工場 l'Usine de Selmer

朝7時前に家を出発。
パリのサン・ラザール駅から電車に揺られること約1時間。

マント=ラ=ヴィル(Mantes-la-Ville)という静かで穏やかな町にセルマーの工場はあります。

ドゥラングル先生はテスターとして毎週ここに通っているらしく、楽器自体の進化がここで起こっているという実感をしました。

この写真はマウスピースの削る前段階のもの。プレゼントとしていただいてしまったのですが、自分で削ったら使えるように果たしてなるのかどうか…
2013-05-29 085128

楽器がジュビリーに変わってから彫刻がレーザー加工という話を聞きましたが、レーザーではなく手作業で行われている部分もあるようです。
2013-05-29 100141

工場全体を回って感じたのは、大部分が職人による手作業なんだということ、そして想像以上の工程があること、それと同数の職人さんたち(思った以上に多い!)がいることなどでしょうか。
溢れるほどに楽器があるので、一本への愛情が薄らいでしまいそうで怖いです(笑)

工場を回った後は先生と一緒に普段どのようなテストをしているかを体験しました。
用意された楽器は5本、それぞれを吹いて8項目を6段階で評価。

-Note Globale
-Homogénéité
-Emission grave
-Emission médium
-Emission aigue
-Flexibilité,capacité de développement
-Justesse
-Son

正確には訳せていないかもしれませんが、"全体的な音"、"均一さ"、"低音域"、"中音域"、"高音域"、"柔軟性や音の伸び"、"音程"、"音質"と言ったところでしょうか。
それぞれが評価をしてみて面白かったのは、トータルの点数で5つの楽器に順位をつけると、その順番がみんな似通っていたことです。これはつまり、というかやはり良い楽器、悪い楽器というものがあるということですね。

載せてよいものか解かりませんが、今回一番高評価を得たのはシリアルナンバー760468です。
いつか誰かが手にする日が来るんでしょうね!もし手にされた方がいらっしゃったらご一報ください(笑)
2013-05-29 113415
スポンサーサイト

| 未分類 | 23:49 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://makotohondo.blog.fc2.com/tb.php/63-8087f50c

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT