まこネット Maconettes

本堂誠の生活を綴るブログ。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

"マニフェスト2013"その3 MANI-FESTE 2013

毎日のようにコンサートを聴くことができて本当に幸せで充実した日々を送っています!
5日連続コンサート、最後を締めくくったのは、

"PORTRAIT MARESZ Ⅱ"(マレシュの肖像)
RIMG0422.jpg


ちなみに"Ⅰ"のほうは同じく"マニフェスト"のプログラムで行われていたのですが、6月6日(実技試験前日)だったため断念しました。
このヤン・マレシュという人に興味を持ったのは、4月にドゥラングル先生が日本へ行ったときのコンサート、『ircam×東京春祭 ~フランス発、東京・春・音楽祭-東京のオペラの森2013-』に名前が載っていたからです。
現代を生きる作曲家、しかも今のIRCAMを代表するような重要人物です。という訳で4月頃にはすでに図書館でこの人の作品集のCDを聴いて予習していたのですが、生で聴けるというのが嬉しかったです!

-プログラム-programme-

Y・マレシュ/メタリックス
Yan Maresz/Metalics

D・ソー/謎の樹木園(新作委嘱)(上手い訳ができません…)
Diana Soh/Arboretum:of myths and trees

L・F・リゾ=サロム/6人のための4つのパントマイム(新作)
Luis Fernando Rizo-Salom/Quatre pantomimes pour six

Y・マレシュ/スル・セーニョ
Yan Maresz/Sul Segno

演奏/
アンサンブル・クール=シルキュイ
Ensemble Court-Circuit


しかし注目すべきだったのは新曲のほうでした…
特に2曲目のディアナ・ソー氏の作品はライヴ・エレクトロの中でもさらに最先端を行っていたと思うのですが、ソプラノ歌手が手袋のような物をはめて、譜面台に手を触れたり、空間で模様を描いたりすることで音響を変化させていたのです!!!
あんなもの初めて見ました。テルミンでしょうか。まるで音を操る魔法使いのようでした。
曲自体も素晴らしかったですし、演奏も、その歌手の演技も本当に素晴らしかったです!

もうひとつ書き加えておきたいのはアンサンブル・クール=シルキュイについて。
前述の東京現代音楽祭でも演奏していたのはこのグループでした。
自分の中ではアンサンブル・アンテルコンテンポランに次ぐ実力者集団だと思っています。


この作曲家たち、演奏者集団たちの今後の動向に注目していきたいと思います!!
スポンサーサイト

| 未分類 | 23:28 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://makotohondo.blog.fc2.com/tb.php/69-40f89c52

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。