まこネット Maconettes

本堂誠の生活を綴るブログ。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

【お知らせ】ブルーオーロラ サクソフォン・カルテット Recital Vol.1

コンサートのお知らせです。

blue aurora 1

- 兵庫 -
2018年1月16日(火)
兵庫県立芸術文化センター 神戸女学院小ホール

- 東京 -
2018年1月18日(木)
白寿ホール

両公演とも19時開演(18時30分開場)です。
チケットは、
株式会社アスペン 03-5467-0081
セルマージャパン 03-5458-1521(東京公演のみ)
KONTA Inc. 0797-23-5996(兵庫公演のみ)
または私まで直接ご連絡いただければチケットのお取り置きをさせていただきます。
これを機にこのブログにもメールフォームを作りましたので、そちらからご連絡ください。
またチケットに限らず、コンタクトを取りたいという方も右にあるメールフォームからどうぞ!

| 未分類 | 11:09 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

パイパーズとザ・サックス PIPERS et The SAX

管打楽器コンクール優勝の後に、おかげさまで色々な方面から反響をいただいて、いくつか雑誌の取材などを受けていましたが、それが先週発売されたパイパーズ436号、ザ・サックス86号に掲載されました!

magazines.jpg

パイパーズさんでは話していく過程でついバリトン熱が増してしまい、コンクールのことよりも熱く語ってしまった内容がバッチリ残されていました(笑)
来年はバリトンサックスの魅力をお伝えできる機会がたくさんある予定なので、ここで語ったことを有言実行できるプログラムにできるよう頑張っていきます!

ザ・サックスさんでは『アーティキュレーション講座』なるものをを仰せつかり、拙いですが解説をしております。
基礎的な内容ですが、クロード・ドゥラングル直伝と銘打ったアーディキュレーション・トレーニング法も載せていただきました。

同講座のジャズ編を担当された中山拓海さんの内容も、替え指に対する意識の違いなどがあって面白いです。

雑誌の内容に連動したオンライン動画もありますので、気になる方は合わせてご覧ください!
本堂誠_音色づくりのためのアーティキュレーション基礎講座〜クラシック編

| 未分類 | 04:35 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

日本帰国前コンサートと完全帰国

すっかり日本の生活が馴染んでまいりました。
そして毎週のようにやってくる台風にも困ったものですが、それにさえ日本らしさを感じてしまいます。

久々の投稿ですが、まずはフランスでの完全帰国前最後のコンサートを振り返りたいと思います。
festival mines 0

パリ国際大学都市(Cité Internationale Universitaire de Paris)の敷地内にある日本館に、コンサートというよりは講演会をするようなホールが付設されています。
日本館での演奏会の企画者であり今回の共演者でもある榎政則くんのおかげで、今ではパリ音楽院に在籍する日本人や、その日本人から広がるコミュニティによって様々な国籍の演奏家が出演するようになり、学外での貴重な演奏会の場となりました。

(写真は日本館ホールのステージ奥に飾られている藤田嗣治の絵)
festival mines 3

ありがたいことに私も4度演奏させていただいており、初めはヴァイオリン、ピアノ、サックスでのトリオ、2回目はピアノ、サックスの即興演奏付き演劇、3回目はニオベサクソフォンカルテットと、色んな形態での演奏を経験させてもらいました。
そして今回は奇をてらうことなくピアノとサックスのデュオでしたが、パリ音楽院のサックスクラスの友人たちもたくさん駆けつけてくれて、とても充実したコンサートとなりました。


以下の写真は短い滞在中に精一杯フランスを味わおうと頑張った結果。
festival mines 1

festival mines 2

festival mines 4

パリ滞在中は困る度に頼らせてもらっているマチューのお家に泊めさせていただきました。
日本からのお土産ということで、ウイスキー飲み比べセットを買って行ったら、なぜかタイミング良く用意されていたフランスのウイスキーで逆にもてなされてしまいました(笑)
whisky 1 whisky 2

日本では観光地としてあまり話題に挙がらない"ベル=イル=アン=メール(Belle-île-en-mer)"という、フランス人が良くバカンスを過ごしているとても素敵な島で作られているウイスキーだそうです。
チビチビ舐めていましたが、日本のウイスキーのようなバランスの取れた味わいとは全く違い、ものすごく濃厚でとろけるような、しかし上品で極上な味わいがしました。2本目なんて、これはもはやウィスキーではないのでは?と思ってしまった程です。
…いや、ウイスキーです(笑)
表現力が乏しいのとウイスキー初心者なのでこれぐらいで勘弁してください

完全帰国してからすでに1ヶ月以上が経過していますが、不思議と寂しさは感じません。あっさりとしすぎでしょうか(笑)
むしろ離れた友人たちが、これからさらにどれだけ成長していくのかが楽しみでしょうがない、そんな素晴らしい人たちばかりなので、私もそれに負けないよう成長しつつ、そして次に会う時を楽しみに待ちたいと思います。

| 未分類 | 06:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

特別大賞演奏会と表彰式

9月1日に行われた特別大賞演奏会、表彰式で、山下一史さんの指揮と東京シティ・フィルハーモニック管弦楽団の方々との共演でフランク・マルタンのバラードを演奏させていただき、内閣総理大臣賞、特別大賞、文部科学大臣賞、東京都知事賞、聴衆賞を受賞いたしました。
これを受けて益々身が引き締まる思いです。今後も自身の音楽活動に精一杯力を注ぎ込んで行きたいと思います。

本堂 誠

| 未分類 | 03:43 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

第34回日本管打楽器コンクール

もうひと月も前になりますが、とても長い一時帰国をしています。
準備に十分な時間をかけて、色んな方からの助言を受けて臨んだこのコンクール、結果として第1位を頂きました。
今回は今まで以上にたくさんの方から応援のお言葉を頂いて、その支えがあったからこそ実現できたことだと感じています。本当にありがとうございました。

日本へは来月完全帰国する予定です。今後は日本で活動する機会が増えて行くと思いますので、今後ともよろしくお願い致します。


本堂誠

| 未分類 | 00:54 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT