まこネット Maconettes

本堂誠の生活を綴るブログ。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

デニソフの日 la journée de Edison DENISOV

12月2日、パリのセルマー社でエジソン・デニソフ(1929-1996)の死後20年を記念してこのイベントは企画されました。
denisov 1

企画者はデニソフとも交流が合ったドゥラングル先生で、クラリネット奏者のフィリップ・ベロー氏とドゥラングル先生によるデニソフの作品の公開レッスン、ミーハ・ロギーナ氏と李早恵さんのデュオによる"サクソフォンのためのコンチェルト"のピアノリダクションバージョンのプレゼンテーション、デニソフの奥さんであるエカテリーナ・デニソヴァ氏によるコンファレンス、そしてデニソフ+ドビュッシー作品のコンサート、といった盛りだくさんで充実した内容でした。

特にエカテリーナ氏によるコンファレンスは非常に興味深いもので、近い距離にいた人から語られる言葉というのは現実味があって、すでに亡くなった人であったとしても身近に、そして鮮明に感じることができます。

コチラはデニソフの奥さんであり音楽学博士でもあるエカテリーナ氏がつい先日出版したばかりの本。(つい買ってしまいました 笑)
denisov 2


エカテリーナ氏はデニソフが57歳の時に結婚した2人目の奥さんで、37歳の年の差婚。その時の彼女はモスクワのグネーシン音楽大学の音楽学専攻の学生でした。


“100%、声の作品である”
と語っていたのが印象的でしたが、バルトークがハンガリーで民謡収集をしたように、デニソフもロシアの民謡収集をしたそうです。
例えば微分音は電子音楽的に細分化された音程ではなく、感情の現れや豊かな色彩をもたらすものです。

それからデニソフの作品の語法で重要なのはセリー音楽であり難解に聞こえますが、全く別の視点で”音楽の中での告解(confession)”というのが重要なキーワードだそうです。
(この単語をよく分かっていませんでしたが、キリスト教における”告解”です。ちなみに告解と懺悔とは別の意味合いで、私たちはこの二つを勘違いしやすいようです。)
ちゃんとした理解が及んでいないかもしれませんが、告解というのは自分と向き合うことでもあるので、"音楽の中での告解”というのはとても精神性の高いものではないのかと感じました。


そんなこんなで、他にも興味深い内容が語られていましたが、詳しい内容はきっと本の中でも語られているはずなので、気になる方はぜひお買い求めを!笑
(Edison DENISOV 著者 Ekaterina Kouprovskaia
 ISBN 978-2-919046-18-8 出版 Aedam Musicae)

エカテリーナ氏のコンファレンスで素敵だった一言を最後に。
デニソフの音楽では"魂が歌う(l’âme qui chante)"

| 未分類 | 11:58 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

クワチュール・ニオベ @ ラジオ・フランス Quatuor Niobé à la Radio France

ご無沙汰の更新になります。
約3ヶ月ぶりです!元気に充実した日々を送っております(笑

日本とフランスを行ったり来たり、素晴らしいコンサートを聴いたり、出演させていただいたり、マスタークラスを受けたりと、ブログの記事として残したいことがたくさんあります。
昨日一つの大きな本番が終わったので、今後しばらくは過去の出来事へ遡りつつ、また記事を更新してまいりたいと思います。


というわけでその大きな本番がコチラ!
quatuor niobe

写真の後ろの方にある通り、ラジオ・フランスの番組に出演させていただきました!
"ラジオフランスの事務は、各放送局で独自の番組を制作、そしてフランス国立管弦楽団と、フランス放送フィルハーモニー管弦楽団、フランス放送合唱団の運営などである。"(wikipediaより)
日本で言うところのNHKのようなものでしょうか。


ラジオ番組の中で演奏する、というのは初めての体験だったので不思議な感覚でした…
というのも、スタイルとしては公開生中継(で合ってるのでしょうか?)で、約150人程のお客さんの入るホールだったのですが、自分たちの演奏するタイミングまでステージ上で待たなければならなかったので、何とも言えない間を微笑みながらやり過ごさなければならないのでした。



ところで最近ちょこちょこ日本にも帰ったりしましたが、私はまだパリ音楽院の第二課程に在籍しています。
現在の同窓生4人で組んでいるカルテットがクワチュール・ニオベ Quatuor Niobé です。
写真の左から、
ヤン・グリチャ (Jan Gričar)
マキシム・バゼルク (Maxime Bazerque)
ウッド・ベルンシュタイン (Eudes Bernstein)
で、3人の若きホープと一緒に演奏してエネルギーを分けてもらっています

| 未分類 | 00:07 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

"田中拓也×本堂誠 デュオリサイタル" 終演しました

01 duo concert

急なコンサート告知にも関わらず、ほぼ満席となるお客様にお越しいただきました。
暖かい雰囲気の中、楽しみながら演奏できてとても幸せな時間でした。

会場を提供していただいたアクタスの皆さまにも感謝です。
本当にありがとうございました!

02 duo concert

お知らせのときにはプログラムを一部のみしか載せていませんでしたので、今回演奏した曲目を記録として残しておきます。

J.S. バッハ / Johann Sebastian BACH
 チェロ組曲 第2番より (Baritone solo)

W.F. バッハ / Wilhelm Friedemann BACH
 2本のフルートのための6つのソナタより 第1番 (2 Baritones)

P. ヒンデミット / Paul HINDEMITH
 2本のアルトサクソフォンのためのコンチェルトシュトゥック (2 Baritones)

A. マルケアス / Alexandros MARKEAS
 2本のバリトンサクソフォンのためのジョーク (2 Baritones)

M. ラヴェル / Maurice RAVEL
 ピアノのためのソナチネ (Soprano + Piano)

C. サン=サーンス / Camille SAINT-SAËNS
 バソンとピアノのためのソナタ op.168 (Baritone + Piano)

F. プーランク / Françis POULENC
 オーボエ、バソンとピアノのためのトリオ (Soprano + Baritone + Piano)

| 未分類 | 19:51 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

コンサートのお知らせ

約2ヶ月、更新が疎かになってしまいました

今年の夏をまとめて振り返ると…

7月後半はイタリアへぶらり一人旅。
まずはヴェローナの巨大闘技場で、青空の下、オペラ"カルメン"。
00 italie opera

01 italie opera


高校時代の後輩が建築の勉強をミラノでしているということで会いに行ってきました。
02 italie duomo

ひとまず有名どころのドゥオーモ広場の写真を載せてみましたが、ミラノでの一番の衝撃はフューチャリズムの画家、ボッチョーニの作品を見られたことです。後のシュールレアリスムに繋がる、一つ前の運動『未来主義』なんてココにくるまで聞いたこともなかったので大きな収穫でした。(20世紀美術館にはボッチョーニを含む素敵な作品がたくさん展示されています!ミラノを訪れる際はぜひ!!)

ヴェネツィアに移動してからはおかげさまでガイド役を完全に押し付け(笑)、充実した建築物巡りをさせていただきました(すみませんでした)
年に1度架かるという橋、とそれに合わせたイベント。大勢の人が橋を渡ろうとやってきていました。
04 italie venezia 05 italie venezia



8月に入ってからは毎年恒例となっているブルターニュでのアカデミーにスタッフとして参加してきました。
06 bretagne

今年は12人の参加者の内、日本人が7人、中国人が3人、フランス1、スペイン1といった割合でした。
個人個人の上達だけでなく講習生同士の仲間意識や友情の芽生えなども感じ取ることができて、きっと充実した大切な経験になっただろうと思います。本当は私も講習生として参加したいほど(笑)、他の講習会にはない充実した内容だと思っています。
ブルターニュアカデミーの動画があるので、興味のある方はこれで少し様子を知ることができるかもしれません。



そして現在、日本に一時帰国しています。
今はこのコンサートに向けて、準備です!
07 actus concert

練習も順調に進んでおります
09 actus concert

芸大の先輩であり、尊敬するサクソフォニストでもある田中さん、パリで知り合ったピアニストの宮野さんとの共演、今からワクワクです!

| 未分類 | 15:12 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ウェスト・サイド・ストーリー West side story avec New York City Ballet

7月4日から7月9日の間、これに参加させていただきました!
nybc1.jpg

初めてのオーケストラピット席での演奏に大興奮。
nybc3.jpg

しかし全くステージを見ることなく終わってしまい、ダンサーたちが一体どんな舞台を繰り広げていたのか知ることなく終わってしまいました。

日本のオーチャードホールに来日した際の動画があったので、これを見てようやくダンスの様子を知りました(笑)

オーケストラは重要なセクションのみアメリカから来ていて、他は私のように現地調達しているという訳です。
その中でもドラムやパーカッションを担当していたのは、もう60歳になろうかという人たち。
あの揺るぎないテンポと曲の印象を1人で作り出せてしまう演奏、あれはこのステージを何百と踏んでいる人でなければ出せないものだと実感しました…
このプロフェッショナルな演奏を距離1メートル前で聞けたのは本当に貴重でした!!(爆音なので耳栓は必須でした)

| 未分類 | 14:25 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。